FXキャンペーン

FXキャンペーン利用で、お得なくりっく365の口座開設方法とは


くりっく365はお得だというのをよく聞くかもしれませんが、いったい何がお得なんでしょうか?簡単にいうと税制面でお得です。店頭取引だと稼げば稼ぐほど課される税率も大きくなりますが、くりっく365の愛称で親しまれている取引所取引ですと税率は一定の20%です。税金をあまり気にせず思う存分稼げるのがくりっく365だと言ってもいいでしょうね。

このくりっく365を利用して取引したいと思っているあなた、せっかくですからキャンペーンを利用して特典をもらいつつ、お得なくりっく365で取引したくありませんか?口座開設方法は簡単です。キャンペーンを展開しているFX業者を探してその業者で口座を開設すればいいのです。では、今現在くりっく365の口座開設キャンペーンをやっているFX業者をいくつか紹介しますから、良さそうな業者を選んでくりっく365の口座を開設してくださいね。

まず「サイバーエージェント」。お客へのサポートには定評がある業者ですが、3,000円~キャッシュバックキャンペーンをやっています。初回入金30万円以上、そしてCymo経由で1回1枚以上の取引をすると3,000円のキャッシュバックです。初回入金の額が増えるとキャッシュバックの金額も大きくなりますよ。

「スター為替証券」もお得なキャンペーンをやっています。キャンペーン期間内に口座を開設すると、くりっく365の取引手数料が最長2カ月間、全通貨一律39円(片道・税込)になりますよ。一般的にくりっく365の手数料は100円とか200円しますから、これはかなりお得な手数料ですね。

またくりっく365の口座開設者全員にQuoカードがもれなくプレゼントされますし、条件付きですが初回入金額に応じてVISAギフト券+キャッシュバッククーポン券+パンローリング社出版の投資文庫本42冊の中から好きなのを1冊もらえちゃいます。このキャンペーンも見逃せませんね。

「インヴァスト証券」は30日間手数料0円キャンペーンを展開しています。キャンペーン期間中にくりっく365の口座を開設したお客すべてが対象です。口座開設日から30日間手数料がタダですから、その間にたくさん取引をして経験をいっぱいつめますね。

良さそうな業者はありましたか?では、キャンペーンを利用して特典をもらいつつ、お得なくりっく365で取引してたくさん稼いで下さいね。

FXキャンペーンで選ぶ!【ベスト4業者】!

第1位 GMOクリック証券【FXネオ】

みんな使ってるGMOクリック証券

GMOクリック証券はFXの口座を開設できる会社の中でもスプレットが最小水準です!スイングトレードではなくデイトレードやスキャルピングなど、数多くトレードする手法の方にはオススメです。また見やすい画面ですし、簡単に色々と操作出来る構造なので初心者の方に向いているかもしれません。


手数料 初回入金 スプレッド 通貨ペア数 売買単位
無料 設定無し 米ドル/0.8銭 14種 1000通貨
詳細はコチラから

第2位 DMM FX

毎月お得なキャンペーンのDMM FX!

DMM FX!は提携している金融機関が約370もあるので24時間いつでも入金出来ます!しかも入金手数料も無料です。チャートもカスタマズ出来るので、テクニカル分析を重視しているトレーダーの方にはオススメです。オリジナルサービスとしてチャート上にニコニコ動画の様に呟くことも出来ます。


手数料 初回入金 スプレッド 通貨ペア数 売買単位
無料 10万円以上でキャッシュバック 米ドル/0.5銭 12種 1000通貨
詳細はコチラから

第3位 FX マネーパートナーズ

業界初の上場企業!マネーパートナーズ

マネーパートナーズは指標などで値動きが激しい時でも、しっかりと約定出来るのが特徴です。クリックした瞬間のレートでトレード出来るのでスキャルピングでトレードしている方に有利かもしれません。また、過去にサーバー落ちした事がないもの特徴です。安心してトレードしたいならマネーパートナーズがオススメです。


手数料 初回入金 スプレッド 通貨ペア数 売買単位
無料 制限無し 全通貨/1銭 12種 100通貨
詳細はコチラから

第4位 サイバーエージェントFX

サイバーエージェントFX

サイバーエージェントFXの特徴はワンクリックで注文が出来きるのでスキャルピング派向きと言えるかもしれません。様々なキャンペーンを行っていますので、時期を見計らって口座を開設するのもいいかもしれません。メールによって指標の情報や専門家のコメントを教えてくれるサービスもあります。


手数料 初回入金 スプレッド 通貨ペア数 売買単位
無料 10,000円 米ドル/0.5銭 10種 1000通貨
詳細はコチラから

このページの先頭へ