FXキャンペーン

ファンダメンタル分析でFXトレーダーとしてステップアップ


一昔の映画で「Back To The Future」というのがありましたが、見た方もいらっしゃるかと思います。その映画の一シーンがとても印象的でした。ビフがタイムマシンでこっそりと過去に行って、過去の自分にギャンブルの勝敗表を手渡したおかげでビフは億万長者になりました。FX取引でも、未来の為替の動きがわかれば億万長者になれます。でも残念ながら将来の為替レートが100%わかる人はいませんし、タイムマシンもありません。そこで役に立つのがファンダメンタル分析です。

ファンダメンタル分析によって勝率をあげることができますよ。ではFX取引でのファンダメンタル分析とは何でしょうか。それは「経済の基本」を分析することです。よくテクニカル分析という言葉も聞くかもしれませんが、テクニカル分析とは過去の一定期間の為替相場の値動きをもとに売買を判断することです。ですからファンダメンタル分析とは分析の本質が全く違います。

経済の基本には何が関係しているでしょうか。それは政治や経済動向です。要人がどんな発言・行動をしたか、雇用や金利に関してどんなニュースが流れたか、といったものが為替相場に大きな影響をもたらします。それら経済の基本となる要素を分析し売買判断をする方法、それがファンダメンタル分析なんですね。

例えばですね、2011年3月11日の東日本大震災から1週間後の3月18日(金)に、G7が円高阻止に向けた協調介入で合意し、主要国中銀の円売り介入の実施が決定したというニュースが流れました。ニュースが流れたのは午前8時半頃でした。そこで簡単に分析できるのは、円高阻止=円売りドル買い、です。つまり、円安に進むと容易に予測できるわけです。その時に円を売りドルを買っていたらどうなったでしょうか。

日銀は、午前9時頃から大規模な円売りドル買い介入を実施しました。その結果、ドルは17日につけた過去最安値の1ドル=76.25円から、81.83円まで急反発したのです。もうお分かりいただけたでしょう。このニュースを聞いて円を売っていたなら、億万長者とまではいかずとも今頃懐が相当温かかったでしょうね。これがファンダメンタル分析によるFX取引です。このファンダメンタル分析も自分のものにして、トレーダーとしてステップアップしましょうね。

FXキャンペーンで選ぶ!【ベスト4業者】!

第1位 GMOクリック証券【FXネオ】

みんな使ってるGMOクリック証券

GMOクリック証券はFXの口座を開設できる会社の中でもスプレットが最小水準です!スイングトレードではなくデイトレードやスキャルピングなど、数多くトレードする手法の方にはオススメです。また見やすい画面ですし、簡単に色々と操作出来る構造なので初心者の方に向いているかもしれません。


手数料 初回入金 スプレッド 通貨ペア数 売買単位
無料 設定無し 米ドル/0.8銭 14種 1000通貨
詳細はコチラから

第2位 DMM FX

毎月お得なキャンペーンのDMM FX!

DMM FX!は提携している金融機関が約370もあるので24時間いつでも入金出来ます!しかも入金手数料も無料です。チャートもカスタマズ出来るので、テクニカル分析を重視しているトレーダーの方にはオススメです。オリジナルサービスとしてチャート上にニコニコ動画の様に呟くことも出来ます。


手数料 初回入金 スプレッド 通貨ペア数 売買単位
無料 10万円以上でキャッシュバック 米ドル/0.5銭 12種 1000通貨
詳細はコチラから

第3位 FX マネーパートナーズ

業界初の上場企業!マネーパートナーズ

マネーパートナーズは指標などで値動きが激しい時でも、しっかりと約定出来るのが特徴です。クリックした瞬間のレートでトレード出来るのでスキャルピングでトレードしている方に有利かもしれません。また、過去にサーバー落ちした事がないもの特徴です。安心してトレードしたいならマネーパートナーズがオススメです。


手数料 初回入金 スプレッド 通貨ペア数 売買単位
無料 制限無し 全通貨/1銭 12種 100通貨
詳細はコチラから

第4位 サイバーエージェントFX

サイバーエージェントFX

サイバーエージェントFXの特徴はワンクリックで注文が出来きるのでスキャルピング派向きと言えるかもしれません。様々なキャンペーンを行っていますので、時期を見計らって口座を開設するのもいいかもしれません。メールによって指標の情報や専門家のコメントを教えてくれるサービスもあります。


手数料 初回入金 スプレッド 通貨ペア数 売買単位
無料 10,000円 米ドル/0.5銭 10種 1000通貨
詳細はコチラから

このページの先頭へ