FXキャンペーン

株式投資とFX取引の違い、投資と投機


最近ある人が投資に対してこんな見方をしていました。「長期運用が投資で短期売買は投機だ」とのこと。わたしは少し苦笑いをしてしまいましたけどね。でもその見方が間違っているわけではありません。しかし正しいわけでもありません。何が投資で何が投機かに対する正確な答えはどこにもないかもしれません。ただし目安となるものはあります。

「投資とは、詳細な分析に基づいたものであり、元本の安全性を守りつつ、かつ適正な収益を得るような行動を指す。そしてこの条件を満たさない売買を、投機的行動であるという。」これはあの有名な投資家ウォーレン・バフェットの師匠、ベンジャミン・グレアムの言葉です。

言い換えると、対象となるものを分析した結果の行動が投資、していないならば投機的であるということですね。株式投資の場合、対象となる会社の詳細、例えば会社の業種、経営理念や今現在の財務状態や配当金の有無など、簡単にわかりますしそれを根拠に自己資金を投じます。つまり、ファンダメンタル分析が容易で、その会社を支援するために行動できると言えるでしょう。投資色がとても強いわけですね。

それとは対照にFXはどうでしょうか。もちろんある程度の分析は可能です。対象となる通貨に関する情報もあります。しかし大きな違いとして対象の範囲がまるで違うという点です。株式投資の対象は一会社に過ぎません。FXの場合は2国間の通貨取引ですから、対象が国と国です。得られる情報にも限りがありファンダメンタル分析が容易ではありません。ですからどうしても投機色が強くなってしまうのです。

もうひとつ株式投資とFXの違いが鮮明です。株式投資で信用取引をする場合、それなりの資金と経験が求められます。信用取引をするための敷居が高いのが実情です。

FXの場合、初心者であっても最高50倍のレバレッジ(2011年8月~最高25倍)をかけての取引が可能です。買い・売り関係なくどちらのポジションをとることも可能です。経験・知識がなくてもハイリスクな取引ができてしまうわけですね。

分析対象の範囲、そしてリスクの高さなどを考えると明らかに株式投資は投資的行為、FXは投機的行為であると言えると思います。もちろんその他たくさんの要素も関係していますので、断言はしませんよ。ただしそれらを踏まえて無茶な投機だけは避けた方がいいかもしれませんね。

FXキャンペーンで選ぶ!【ベスト4業者】!

第1位 GMOクリック証券【FXネオ】

みんな使ってるGMOクリック証券

GMOクリック証券はFXの口座を開設できる会社の中でもスプレットが最小水準です!スイングトレードではなくデイトレードやスキャルピングなど、数多くトレードする手法の方にはオススメです。また見やすい画面ですし、簡単に色々と操作出来る構造なので初心者の方に向いているかもしれません。


手数料 初回入金 スプレッド 通貨ペア数 売買単位
無料 設定無し 米ドル/0.8銭 14種 1000通貨
詳細はコチラから

第2位 DMM FX

毎月お得なキャンペーンのDMM FX!

DMM FX!は提携している金融機関が約370もあるので24時間いつでも入金出来ます!しかも入金手数料も無料です。チャートもカスタマズ出来るので、テクニカル分析を重視しているトレーダーの方にはオススメです。オリジナルサービスとしてチャート上にニコニコ動画の様に呟くことも出来ます。


手数料 初回入金 スプレッド 通貨ペア数 売買単位
無料 10万円以上でキャッシュバック 米ドル/0.5銭 12種 1000通貨
詳細はコチラから

第3位 FX マネーパートナーズ

業界初の上場企業!マネーパートナーズ

マネーパートナーズは指標などで値動きが激しい時でも、しっかりと約定出来るのが特徴です。クリックした瞬間のレートでトレード出来るのでスキャルピングでトレードしている方に有利かもしれません。また、過去にサーバー落ちした事がないもの特徴です。安心してトレードしたいならマネーパートナーズがオススメです。


手数料 初回入金 スプレッド 通貨ペア数 売買単位
無料 制限無し 全通貨/1銭 12種 100通貨
詳細はコチラから

第4位 サイバーエージェントFX

サイバーエージェントFX

サイバーエージェントFXの特徴はワンクリックで注文が出来きるのでスキャルピング派向きと言えるかもしれません。様々なキャンペーンを行っていますので、時期を見計らって口座を開設するのもいいかもしれません。メールによって指標の情報や専門家のコメントを教えてくれるサービスもあります。


手数料 初回入金 スプレッド 通貨ペア数 売買単位
無料 10,000円 米ドル/0.5銭 10種 1000通貨
詳細はコチラから

このページの先頭へ